アトケアプロ

アトケアプロの副作用と好転反応の見分け方

更新日:

アトケアプロを飲みだしたら痒みが増した、肌が赤くなってしまったという事があると言います。せっかく痒みを和らげるために飲んでいるサプリでこのような症状が現れたらビックリしますよね。でもこのような症状が出た方の多くが好転反応という現象のようなんです。

好転反応とは何某かの症状を緩和させるために利用した漢方やサプリ等に体が反応し一時的に一見すると症状が悪化したかのように見られる現象が起こること。飲み始めて1〜2週間で現れる事が多いものの、人によっては1ヶ月からそれ以上経過してから起きる場合もあります。好転反応は体が順応するまでのあくまで一時的に起きる現象ですのでこの期間を過ぎると良い方向へと向かっていきます。

ただし全ての方に好転反応が起こるわけではありません、体質などで出にくい傾向にあるかたもいらっしゃいますので、反応が出ないから体が良い方向へ向かっていないのではないかなどと心配する必要はないので安心して下さい。

一般的に副作用と言われるものは薬によって引き起こされます、風邪薬や抗生物質を飲んだら胃が痛くなったりもたれたり、風邪を治すために飲んだ薬で他の部分に問題が起きてしまうような状態です。好転反応は改善しようと思った部分が悪化してしまったような状態になってしまう事なので意味合いが変わってくるんです。

一時的に症状が悪化してしまった場合その状態がいつまで続くのか?一時的とは言っても肌トラブルを抱えていた期間や症状の度合いによって好転反応の続く期間や出方の強さには個人差があります、2〜3日で収まる人もいれば長引く人もいるので一概にどれくらいとは言えません。また症状が悪化した事が全て好転反応とも限らない事も考えられるので好転反応なのか否か?悩む所です。

 

好転反応が出ている最中は飲む量を1錠に減らすなどして様子を見るのも良いかも知れません、落ち着いたら2錠に戻すなどムリのない飲み方をおすすめします。

あまり強い反応が出たり期間が長引くようでしたらまた新たな不安やストレスの種になってしまいます、症状が悪化するのはとても気になってしまう出来事ですからそんな時は専門医に相談するのが安心です。

-アトケアプロ

Copyright© アトケアプロ , 2019 All Rights Reserved.